FC2ブログ

5万円で始める。チキン・パパのネット株

ネット株・5万円で始めて、どこまで稼げるか?株初心者の小心者がチャレンジ!!日記やトレード結果・情報を更新していきます。


株価 最新情報




リンク集からPickup!紹介

機能 カレンダー

10 | 2018/11 [GO]| 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

現累計 収益金額


当月利益
株トレード         0円
FXトレード        0円


初期投資資金 50,000円
追加増資資金 30,000円
(SBI証券口座残 3,253円)

現投資利益 -13,726円
累積手数料  -7,590円

現自己資金 73,864円

2週間毎更新予定?  
11’07.11更新

2011年 月間収益

・01月 -1,897円
・02月 -5,390円
・03月      0円
・04月  5,504円
・05月 33,820円
・06月-18,640円
手数料込みで表示

2010年 月間収益

・06月~07月 -16,484円

・08月  5,230円
・09月 -7,575円
・10月  4,460円
・11月   -721円
・12月 -3,270円

投資利益合計(年間)
 -18,360円(手数料込)

初期資金 50,000円(06月)
追加資金 30,000円(11月)

参加ブログランキング


応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

人気ブログランキングへ



新着サイト情報








関連サイト

QRコード

QR

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

情報交換・質問・相談などなど

ドシドシ気軽にどうぞ!!

広告提供スポンサーサイト


・アクセストレード
 PC版   ⇒こちら
 モバイル版⇒こちら
バリューコマース
バナーブリッジ
リンクシェア・ジャパン株式会社
A8.net
トラフィック ゲート

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • G20始まりましたね。

今日から、G20始まりましたね。

・FX等、投資をしている人間から見ても、注目の内容ではないでしょうか。
 週明け、「どう市場がどうなるのか?」予想など出来ませんが、

昨日の、ガイトナー米財務長官の発言だけであの有様。
 
注意はしておきたいです。


―G20 参考記事は下記―


自国の輸出競争力を高めるため、各国が為替相場を安く誘導する「通貨安競争」について。


協調体制、焦点に…通貨安競争回避へ

 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が22日、韓国・慶州で2日間の日程で開幕する。世界経済の不透明感が強まる中、各国が輸出に有利な自国通貨安となるよう為替介入や相場誘導を行う「通貨安競争」回避に向け、協調体制を構築できるかが焦点となる。

 今回の会議は、11月にソウルで開かれるG20首脳会議(サミット)の準備会合と位置づけられている。日本からは、野田佳彦財務相と白川方明日銀総裁が出席する予定。

 米経済の先行き懸念と米追加緩和観測の拡大を背景にドル安が進み、結果的に米国の輸出に有利になる一方、堅調な成長を続ける新興国の通貨は上昇し輸出減を通じた成長減速が懸念されている。新興国は、先進国の金融緩和で生み出された巨額の資金の流入が自国通貨高につながっているとして、先進国への批判を強めている。韓国やブラジルなどは、自国産業の競争力低下やインフレを懸念し、為替介入や海外からの投資への課税強化を行っている。

 一方、米国を中心に先進国は、中国の人民元相場の上昇ペースの遅さを批判しているが、中国は「急激な上昇は世界経済にマイナス」との立場を崩していない。中国は19日、人民元の上昇圧力になる利上げに踏み切ったが、20日には人民元相場の基準値を大幅に引き下げた。

 今回の会合では、世界経済の不均衡を是正するための各国の取り組みを報告し、政策協調の枠組みをより具体化することを目指す。先進国と新興国の利害が交錯し、「通貨戦争」(ブラジル・マンテガ財務相)との発言も飛び出す中、11月のソウル・サミットに向けて実効性のある協調策を打ち出せるのか、市場はG20に注目している。

 一方、円相場が海外市場で20日、再び1ドル=80円84銭と15年半ぶりの高値を付けたが、円高圧力を弱める有効打は見つかっていない。日本政府は為替介入について「長期間の大規模な介入ではない」と改めて説明するとみられるが、各国の理解を得られるかは不透明だ。【柳原美砂子】

 ◇G20財務相・中央銀行総裁会議の主な議題◇
・世界経済の現状認識

・持続可能な成長に向けた政策協調の枠組みの具体化

・「通貨安競争」の回避策

・先進国から新興国への資金流入と、それに対する規制強化への対応策

・国際通貨基金(IMF)について、新興国の発言権を高めるための出資比率や理事会構成

・金融規制

―毎日新聞―より


では、良い週末を!


応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 人気ブログランキングへ 



関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。